リウマチになる原因は、まだはっきりと解明されていませんが、自己免疫疾患のひとつであることがわかっています。 自己免疫疾患というのは、免疫システムの異常によるもので、自分の身体を構成する成分を異物と間違えて抗体を作り、自分自身を攻撃してしまうという病気です。 リウマチを発症する患者さんの約7割が、リウマチ因子という自己抗体を持っているとされています。 特有の抗体なのですが、これが免疫グロブリンという、自分の身体を守るために働くはずの物質の中にあるIG抗体に反応して、リウマチの症状を起こすということです。 しかし、このリウマチ因子が全てのリウマチの原因となっているわけではありません。 リウマチの患者さんの3割は、この抗体を持っていませんから、リウマチ因子がないのにリウマチを発症する人もいるのです。 リウマチの原因については、今後も研究が進められることでしょうが、確実な治療法を確立するためにも、原因の解明が待たれるところです。